パパ必見!SONY α7Cの購入を妻に納得してもらう方法

一眼レフSONY α7Cは素晴らしいカメラです。買ってよかったです。

とくに追尾オートフォーカスの機能が最高です。今までの苦労が嘘のように、写真がぶれなくなりました。

SONY α7Cの購入を検討している方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、一眼レフSONY α7Cはスペックは最高なのですが、問題は値段が高いことです。

ボディのみで209,000円+税、ズームレンズキットで239,000+税です。

買いたいけど、妻から反対されるのは目に見えている、、、と半分諦めている方もいるのではないでしょうか。

今回は、SONY α7Cの購入を妻に納得してもらう方法について、ご紹介したいと思います。

この記事は、SONY α7Cを買いたいけど、どうやって購入を妻に切り出そうか悩んでいる人向けです。

現在の状況を確認しよう

方法の前に、現在のあなたの状況を確認してみましょう。予算や家庭の状況を今一度振り返ってみましょう。

  • 購入資金のあてはあるのか
  • 家庭内のパワーバランスはどうか

購入資金のあてはあるのか

もしあなたが、自分で自由に使えるお金が十分あるのであれば、比較的容易に妻に納得してもらえるでしょう。

しかし、夫婦共通の財布(家庭のお金)に手をつけなくてはいけない場合は、作戦を立ててから話しを切り出しましょう

今回の記事は、後者の方々の状況を想定しています。

家庭内のパワーバランス

もしあなたが、自分の意見を家庭内で通しやすいのであれば、妻に納得してもらいやすいでしょう。

しかし、家庭内で自分の意見が通りにくい(妻のほうが強い)場合は、しっかりと作戦を立ててから話しを切り出しましょう。

「敵を知り己を知れば百戦危うからず」という孫子の兵法書にもあるように、自分の状況と、相手(妻)の状況を知ることは、購入を納得してもらうための第一歩です。

時間を味方ににつけよう

カメラは高価なものなので、今日話しを切り出して、明日買おうということにはならないはずです。

家庭にもよりますが、最低でも1か月間は時間をかけましょう。

その際に重要なのは、あなたのSONY α7Cに対する情熱です。

情熱をキープできるように、カメラがほしい思いをしっかりノートに書いておきましょう。

購入までの過程が長かったり、途中で妻に反対されると購入を諦めかけることがあります。あなたが本当に欲しいのであれば、その思いを忘れないように、書いて残しておきましょう。未来の自分にエールを送るのです。

諦めかけた時にそのノートをみて、弱った自分をふるいたたせましょう。

もしあなたが、すぐに使えるお金がないのであれは、月々の積み立てを検討しましょう。もし月2万円積み立てることができるのであれば1年後に購入することができます。

焦ってはいけません。時間をあなたの味方につけましょう。

話をする順番は?

  1. なぜSONY α7Cを買うのかの共有(Why)
  2. どうやってSONY α7Cを買うのかの共有(How)

です。

なぜSONY α7Cを買うのかの共有(Why)は、考えを共有し、お互いの向いている方向を合わせることです。

方向性を合わせることは重要ですので、なぜSONY α7Cを買うのか?の共有(Why)に時間をかけてください。

SONY α7Cを買った後の体験を共有しよう

なぜSONY α7Cを買うのかの共有(Why)についてです。

SONY α7Cを買うことについてお話していますが、SONY α7Cを「手に入れること」が最終目的ではないはずです。

SONY α7Cというカメラを通じての「体験」が目的のはずです。そしてその「体験」にこそ価値があるはずです。

例えば私の場合は、子どもと外に遊びに出かけたときに、子どもが楽しんでいる瞬間を写真にとりたいと思っています。

その写真は後で、夫婦やジジババと一緒に見て、まったりと会話を楽しむ「体験」に価値を感じています。

または、子どもが将来成人して、結婚式をした際に、成長ムービーの中で使われる1枚になるかも、という将来の「体験」に価値を感じています。

カメラを買うことで夫婦の話す時間が増える、なんて最高ではないでしょうか。

何度も言いますが、カメラ自体に価値があるというより、カメラを通じての体験にこそ価値があるのです。

そして、カメラを通じて得る「体験」を妻と共有しましょう。

体験をうまく共有できたら、購入することに大きく反対されないはずです。

誰のためのSONY α7C?

なぜSONY α7Cを買うのかの共有(Why)についてです。

体験を共有することに似ているのですが、いったいカメラは誰のために買うのでしょうか?

もし自分のためという答えならば、正直者ですが、妻は購入を納得してくれないかもしれません。

この記事を見ている方の多くは、妻や子どもも撮るのではないでしょうか。

そうした場合、誰のためにカメラを買うかというと、被写体(妻や子ども)のためと言えます。

一方で、SONY α7Cは妻にアピールできるよい特徴があります。

それは、ほかの一眼レフと比べて、「小さい」、「軽い」、「簡単」です。

「小さく」て「軽い」ので妻でも持ち運びができて、「簡単」なので初心者の妻でも使えます。

そうした場合、誰のためにカメラを買うかというと、撮影者(妻)のためと言えます。

総合して考えると、誰のためにカメラを買うかというと、家庭のためですね。

ぜひとも家庭のために買うことを強調しましょう。

SONY α7Cの価格調査

どうやってSONY α7Cを買うのかの共有(How)についてです。

買うことに納得してもらうために、価格の事前調査をしましょう。

購入できるのは、正式サイトのソニーストア、ECサイトのAmazonや楽天、オークションサイトのヤフオクやメルカリなどです。

安く手に入れたいものですが、保証期間も考えて購入しましょう。

ソニーストアで安く買う方法とECサイトのリンクを掲載しておきます。

まとめ

今回は、SONY α7Cの購入を妻に納得してもらう方法について、ご紹介しました。

  1. なぜSONY α7Cを買うのかの共有(Why)
  2. どうやってSONY α7Cを買うのかの共有(How)

の順番で話し合いましょう。

なぜSONY α7Cを買うのかの共有(Why)がうまくできれば、お互いに見ている方向がそろっているので、あとは、どうやってSONY α7Cを買うのかの共有(How)を考えましょう。

うまくいくことを祈っています。

この記事を書いた人

よぴぞう

子育て、節約を楽しんでいます。富山を愛しています。富山育ち→千葉の学校→バックパックでケチケチ海外旅行→富山にUターン就職→アメリカ駐在→再び富山にUターン→結婚→子供誕生。「おもしろきこともなき世を面白く」の精神で、子育てや節約や富山の情報を発信していきます。